電動アシスト自転車 進化

車バイク

こんにちは、
ともやんです。

電動アシスト自転車は改良に改良が重ねられ、機能性・デザイン性ともに日々進化しています。

子供を乗せたり、買い物の重たい荷物を載せたりするママチャリタイプのものだけに限らず、年齢・職業・性別・ライフスタイルに合った商品が選べるように、いくつものタイプに分かれています。

スポンサーリンク

電動アシスト自転車 スポーツタイプ

今、注目を集めている電動アシスト自転車といえば、やはりスポーツタイプです。
年齢や性別に関係なく使え、夫婦で共有したりすることもできると幅広い層に人気があります。

特に、男性に人気の高いスポーツタイプになると、クラシカルなタイプからスタイリッシュなタイプまでデザインも豊富に取り揃えています。

電動アシスト自転車のスポーツタイプは大きく分けると、

・電動アシストマウンテンバイク
・電動アシストクロスバイク
・電動アシストロードバイク

の三つのカテゴリーに分けられます。

これらのなかでも電動アシストクロスバイクは、用途が広く人気もあるので各メーカーもラインナップとして揃えようとしています。

ちなみに、クロスバイクの“クロス”という意味は、マウンテンバイクのタイヤを舗装路タイプのタイヤに変え、より街中での用途に適応させたものなので、ややあいまいな意味合いを持ちます。

スポンサーリンク

電動アシストクロスバイクの進化

電動アシストクロスバイクは、通勤・通学の満員電車や渋滞とは無関係でエクササイズにもなり、維持費も必要ないことなどメリットもたくさんあります。

また、近年電動アシストクロスバイクは大きな進化を遂げ、特に充電機能は目を見張るものがあります。

機種によって大きく異なっていますが、フル充電すれば、かなり走行できるようになっています。

充電も頻繁にしなくてもよくなり、長いもので4週間に1回くらいの充電で済み、1回の充電で15円くらいとかなりお得意になっています。

※画像はイメージです

一方、通常のクロスバイクのように速度が出せないデメリットもあります。
それには、国内規制の時速24キロがあるためで、日本国内では時速の上限が決められているので、それ以上は電動では走行できないようになっています。

スポンサーリンク

最後に


※画像はイメージです

ヨーロッパや中国では環境問題への関心からか、近年電動アシスト自転車が流行しています。

なかでも電動アシストクロスバイクの日本市場は国内外から注目されていて、今後大きなブームになる可能性を秘めています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました