電動自転車 海外メーカー おすすめ

車バイク

こんにちは、
ともやんです。

今日は、電動自転車です。

海外メーカーのe-bikeでは、海外モデルが日本仕様(日本の道路交通法に反しないモデル)で入ってくるようになり、
国内のスポーツサイクルの人気との相乗効果で盛り上がりを見せています。


※画像はイメージ。

海外メーカーもものは、特にデザインを重視している方にとっては、
日本製にはない魅力を見つけることができます。
そこが人気の秘訣です。

さて、海外のメーカーを見てみましょう。

スポンサーリンク

TSINOVA(チノーバ) 中国メーカー

TSINOVA(チノーバ)は中国のメーカーで、海外メーカーの中では製品の安定性が高いメーカーです。
スタイリッシュなミニベロタイプの電動アシスト自転車を中心モデルです。
関東中心にビックカメラやヨドバシカメラでも販売されています。

バッテリーはサドル(シート)の下にポーチのような形で搭載されています。
モーターも後輪のハブ(タイヤの中心部分)にあるので、一見電動アシスト自転車に見えないデザインが特徴です。

ビアンキ イタリア

イタリアのビアンキは、最古の自転車メーカーとして有名です。
「空の色」を意味するチェレステカラーの爽やかなデザインが特徴です。


※画像はイメージ。ローマと青い空

ロードバイク・マウンテンバイク・ミニベロ、と幅広い車種を取り揃えています。
そして、ボッシュのモーターユニットを搭載したミニベロタイプのe-Bikeが登場しました。

スポンサーリンク

TREK(トレック) USA

TREK(トレック)は、創業1976年。
アメリカ合衆国中西部のウィスコンシン州南部にある小さな赤い倉庫で、
「世界一のバイクづくり」を夢みた二人の仲間によりスタートしました。


※画像はイメージ。ウィスコンシン州

TREKのe-bikeは、漕いだ力を増幅させるペダルアシストバイクであり、走行中にペダリングを助けるモーターを搭載しています。
オートバイのようにスロットルを回して走るものではなく、ペダルを漕ぐと前に押し出す力が加えられ、漕ぐのを止めるとアシストが止まります。

またTREKのe-bikeは、Bosch製e-bikeシステムを採用しています。
Bosch製モーター、バッテリー、コントローラーはすべて信頼性が高く、デザインに優れています。
もし不具合が生じてもBoschの秀逸なカスタマーサービスを受けることができるので安心ですね。

BESV(ベスヴィー) ヨーロッパ市場 人気

世界最大の電動アシスト自転車市場であるヨーロッパ市場です。
僕が仕事でヨーロッパに行ったとき、電車に乗っていると普通に自転車と一緒に乗り込んでっ来る人を何度も見かけました。
BESV(ベスヴィー)は、そんなヨーロッパ市場で、そのデザインと性能の両方において高い評価を受けています。

※画像はイメージ

BESVはヨーロピアンスタイルの一味違ったおしゃれな見た目のモデルが多く、小径車ながらスポーティな走行性とバッテリー一体型の流線的なデザインの電動アシスト自転車を販売しています。
電動自転車とは、バッテリーとモーターを搭載し、モーターの動力で駆動する自転車の総称で、厳密には二つの種類があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました