トヨタ・ヴィッツ 値引き タウンユースのスモール2BOX

クルマ・バイク

トヨタのヴィッツは、

タウンや近郊ドライブに適したウェルバランスが持ち味のスモール2BOXです。

搭載エンジンは3タイプ用意され、

1000ccは、3気筒の経済性重視、

1500ccは、4気筒の上級&スポーティ向け、

1300cc4気筒は標準設定です。




トヨタ・ヴィッツ 値引き 日常の足としては最適

トヨタ・ヴィッツは、CVTにより回転を抑えた制御もあって、
日常的な利用に関しては余力感があります。

そして、走りの質感としてはこのクラスの標準タイプです。

荒れた路面もあまり気にならない乗り心地で、比較的高速走行も得意な方です。

4名乗った時の移住性は、このクラスとしては良好な一方で、
前席周辺の小物収納や後席格納時の積載の多様性は、いまひとつです。

ヴィッツは、タウンユースなど、日常の足として使うには最適なクルマです。




ヴィッツ 値引き 商談の基本は3回の交渉がおすすめ

商談は3回を基本にした交渉がおすすめ。

商談と同時に今乗っているクルマの査定もしてもらいましょう。
買い取り専門店にも査定してもらうのが鉄則ですよ。
買い取り専門店が高く買い取ってくれるケースも多いです。

☆1回目は、ショールームの現車を見て、触って、じっくり確認。
ヴィッツの見積もりをお願いする。ヴィッツのオプション価格や納車期間
など気になることを全部聞いておく。

☆2回目は、あまり間をあけずに訪問してヴィッツの試乗。
ヴィッツの競合車の見積もりをちらつかせながら、多少無理めな希望条件を提示。
販売店の感触を見ながら「次回で決めたいので値段や条件を検討してください」
と伝えて終了。
ヴィッツの競合車としては、フィット、ノートやパッソなど有効。

☆3回目は、折衷案を用意してくれることが多いので、納得できなければ
ヴィッツ用品サービスや諸費用カットなどで最後のひと押し。
しかし、ここで粘りすぎても大きな値引きは引き出せないので、
今後の付き合いを考えて、最後は気持ちよくサインするのが得策ですね。

ヴィッツ 値引き 基本5万円が目立つようだが

値引きの基本は、5万円というディーラーが目立つようです。

ただし、上乗せは可能です。

フィットやパッソ、デミオとの競合に持ち込むと効果的。

車両本体と付属品の値引き合計が20万円前後なら合格点ですね

最後に

新型エンジンを搭載した1300ccが狙い目です。

中でも専用のインテリアなどがおしゃれなジュエラは、
オートライトやシートアンダートレイ、ナノイー付き空調などの装備も充実しています。