生活習慣の改善とがん

健康

こんにちは、
ともやんです。

医学はかなり進歩していますが、がんは現代においても死亡率が高い病気です。

ただ、一口にがんといってもいろいろな場所にできますから、

予防しておけば高い確率で長生きできます。

スポンサーリンク

生活習慣とがんのリスク

そこで重要なのは生活習慣です。
悪い習慣を長く続けていると徐々にがんのリスクが高まることになります。
悪い生活習慣とは不健康な生活習慣です。

過度の飲酒、喫煙、バランスの取れてない食事など、誰もがイメージできるはずです。
悪い生活習慣がわかっていても、改善できないのはなぜでしょうか。
癌になりたい人はいません。

でもがんのリスクとわかっていても、改善しようとしないのです。

それは方法がわからないからかもしれませんが、それ以上に生活習慣を変えることが難しいのでしょう。

スポンサーリンク

生活習慣 良い習慣を取り入れる

習慣とは慣れ親しんだ状態ですから、そこから抜け出すためには強い意志だけでは無理だと考えてください。

つまり、適切な方法でなければ改善することができません。
具体的には急に習慣を変えるのではなく、いい習慣を少しずつ取り入れることです。
喫煙をしていてもいいですから、毎日のウォーキングを始めてください。

体力が衰えているでしょうから、スタートが大変です。
もちろん、ウォーキングの時間も最初は短くてかまいません。

徐々に延ばしていくようにすることがポイントとなります。

悪い習慣を改めるのではなく、いい習慣を増やしていけば、必然的に悪い習慣に割く時間が無くなってきます。

食事に関する悪い習慣は塩分の摂り過ぎや暴飲暴食でしょう。
これも徐々に薄味に慣れていきます。

辛い物が好きな人がいきなり薄い味付けで食べることは無理があります。
できることなら、奥さんがこっそりと味付けを変えていくことがベストでしょう。
自分で自分の習慣を変えることは難しいからです。

スポンサーリンク

最後に

癌にならない体を作る具体的な方法は病院や会社でチラシをもらっているはずです。
一つ一つは難しいことではありませんが、それを習慣にすることができないのです。
自分でできないなら人の手を借りましょう。

生活習慣を変えるためのカウンセリングなども活用してください。
癌にならない体を作ることは健康を維持することにほかなりません。

もちろん、どれだけ努力してもがんになってしまうリスクがなくなるわけではありません。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました