小学生におすすめ 映画『カーズ』

映画

こんにちは、
ともやんです。

絵本と同じように映画にも適正年齢というものがあります。
絵本や映画は、読んだり観たりすることで、子供の心の成長に大きな影響を与え、将来への夢や希望を持つことが出来、道を決めるほどのテーマになることもあります。
小学生のうちは学校で勉強や人間関係を学びますが、良い映画に接することで心の成長になればと思います。

そこで、本日より11回に渡って、小学生のうちに観ておきたい映画をご紹介していきます。

第1回目は、『カーズ』です。

スポンサーリンク

『カーズ』とは

主役もその他の登場人物も車などの乗り物なので、小学生にも興味を引きやすい映画になっています。車たちの世界のお話で、車がおしゃべりをして車たちの目線で話が進みます。

主人公が自分勝手な性格で、人使いも荒いことから周囲に嫌われてしまって孤立していってしまいます。
しかしある町へ行き、そこでの車たちとの出会い、様々な体験を通してその性格も変化し成長して行く物語です。

子供たちにも、自分勝手なことをしたら嫌われる、こういうときはどうしたらいいなど、友達や周囲の人たちとの人間関係を学んでもらうことができる映画だと思います。

スポンサーリンク

『カーズ』ストーリー

『カーズ』は、感情を持った車たちの世界を描いた作品で2006年に公開されました。
車好きな小学生にはそれだけで楽しい映画だと思います。
車が人間の言葉を話、車たちにもきちんと世界があって、いろいろな出来事を体験しながら成長していく物語です。

主人公のマックイーンは、レース界のスーパースターでしたが、トレーラーとはぐれてしまい田舎町へ迷い込んでしまいます。
そこで様々な車たちに出会って成長していく物語です。

マックイーンは、自意識過剰、かなりわがままで自分勝手な性格です。
そのため周囲の人たちからは嫌われていました。

自分をスーパースターだと知らない田舎町の車たちからはそのわがままな性格からつらく当たられてしまいます。
田舎町でいろいろな苦労をしたマックイーンは次第に変わっていきます。

その心の葛藤の様子がわかりやすく描かれているため、小学生にも人間関係を学ぶことができる映画だと思います。

こうしたら相手はこう思う、こういうことをすると相手は嫌な思いをする、その思いはいずれ自分に返ってくる、仲間を大切にする思いなど、これからの人生においてとても大切なことを学べる映画です。

観終わった後、実際の世界とカーズの世界を比較して、具体的に例を挙げながら子供と話し合うのも良いと思います。

「カーズ」には魅力的なキャラクターたちがたくさん登場します。

彩り豊かでユニークなキャラクターの車がたくさん登場するので、小学生の低学年の子供でも飽きずに観ることができます。
車の世界のお話ですが、それぞれのキャラクターには共感できるところがたくさんあります。
人づきあいにおける複雑な思い、葛藤、恋愛など、いろいろな思いに共感できるため感情移入もしやすくなっています。
迫力あるレースシーンも魅力です。

スポンサーリンク

まとめ

第1作目が好評だったこともあり、2011年には「カーズ2」が公開されました。
2作目では、主人公のマックイーンと親友のメーターの熱い友情が描かれています。
喧嘩をしながらも相手のことを思いやる、ふたりの真っすぐな友情で胸が熱くなります。

2017年には「カーズ3(クロスロード)」が公開されました。
新しいライバルのストームが登場して、マックイーンは勝てない日が続きます。
シーズンの最終戦には、今度こそ負けないようにとマックイーンがスピードを出しすぎてしまい大クラッシュしてしまいます。
事故後、これまでとは違うレース方法を探すため、マックイーンは特訓の旅へと出かけます。

「カーズ」では、毎回大物俳優が声優をしています。
「ナイトミュージアム」などに出演していたオーウェン・ウィルソン、コメディアンのラリー・ザ・ケーブル・ガイ。
女優のポニー・ハント、そしてポール・ニューマン。

本物のレーサーも声優として出演しています。
ミハエル・シューマッハ、マリオ・アンドレッティ、デイル・アーンハート・ジュニアなどが出演しています。

だからカーレースファンにもおすすめの映画です。
現在、ツタヤの映像サービスでご覧いただけます。

ツタヤの映像サービス30日間0円!

————————————————————————
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVにてご確認ください。
————————————————————————

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました