保険見直しのタイミング

健康

こんにちは、
ともやんです。

ずっと契約していた保険を見直すにはタイミングが重要になります。
一般的な保険の見直しのタイミングは、自分の生活が変わった時です。

社会人になった時、結婚した時、子どもができた時、子どもが独り立ちして出て行った時、定年退職をしたときなどです。

それぞれのタイミングで必要となる保証内容は異なりますから、どのような見直しをするかを相談しなければなりません。

保険の見直し 相談

保険の見直し相談は、どこの保険会社でも受け付けてくれますが、保険会社は自社の契約が減らないようにきめ細かい相談に乗ってくれるでしょう。

見直しのポイントは必要となる保証内容を明確にすることと、保険金額の上限をどれくらいにするかということでしょう。

家族の中で重要な立場であれば、その分だけ保証内容を充実させておくことが安心です。
しかし、充実させれば毎月支払う掛け金も高くなります。

保険会社の見直し相談の多くは掛け金を減らすことがメリットだと説明しています。
もちろん、掛け金を下げれば、保証内容を下げない範囲です。

保証内容を変えずに掛け金を減らすためには、不要な特約を削ることが一番簡単でしょう。

保険の見直し 契約者の変更

保険契約全体をやり直すと、解約手数料が必要になる場合もありますから注意しておかなければなりません。

もちろん、相談した時に担当者が詳しく説明してくれるでしょうが、自分でも調べておくことをおすすめします。

社会人となった時に保険の見直しをするのであれば、契約者の変更や保険金額を下げることでしょう。

学生の時は親が保険契約者となっていることがほとんどですから、社会人となったら自分で掛け金を払う容認しなければなりません。

まとめ

保険金額を下げることは十分な保証が得られないと思うかもしれませんが、若い時は病気にかかる可能性が低いですから、保険金額を下げても実害はほとんどないでしょう。

もちろん、保険は予想できない事態になった時のための防衛策ですから、病気にならない確証があるわけではありません。ただ、自分の年齢と年収に見合った保険金額にしておくべきでしょう。

それから、家族ができた時の見直しは夫婦がお互いの保険を合わせて観なおすことが重要となります。
別々に保険契約をするよりも家族割引などが適用される契約にした方が確実に掛け金は少なくて済みます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました