保険見直しの相談

健康

こんにちは、
ともやんです。

生命保険や医療保険は、定期的に見直しが必要だと思います。
そしていざ保険を見直しするなら、誰かに相談した方がいいと思います。

もちろん、保険に詳しい人でなければ相談できませんから、保険を専門的に取り扱っている人が適していると思います。

スポンサーリンク

保険の見直し 専門の業者

近年保険見直しを専門的に行っている保険業者が増えています。
新規の保険も重要な顧客ですが、見直しによって次の顧客を確保することが重要と考えられます。

保険の見直しとは具体的にどのようなことでしょうか。

若い時からずっと加入している保険なら、時代とともに制度や仕組みの変化に対応した保険がおすすめです。

ちなみに私は、新人の頃加入した保険は、若い頃は掛け金が安くて、ある程度の年齢になると掛け金が高くなるものでした。

それは1980年代は、まだ企業の中で年功序列が存在していて、年齢と共に給料が上がるということが一般的だったからです。

また、生命保険は契約期間が長期に渡るため、健康で何事もなかった人には何の恩恵もありません。
しかし、医学の進歩によって病気の形や手術の方法が変わりますから、10年以上経過した時には内容を見直した方が良いです。

スポンサーリンク

生命保険 受け取る金額

保険金額についても、例えば死亡時に受け取るべき金額はいくらが妥当なのかを考えてみることが大切です。

学生や社会人になりたての人であれば、自分が経済的に支えなければならない家族がいる人は少ないでしょうから、死亡保険金は少額でもかまいません。

しかし、事故や病気で重度障害となるとその後の生涯にわたって多額の費用がかかる可能性があるので、。

また、家族を支える立場の人であれば、死亡後の家族の生活を守るために死亡保険金は重要な役割を果たします。

そして、老後を迎えようとしている人であれば、終活の一部として保険の見直しを考えることがテーマとなることもあります。

特に定年後、子供が独立して自分にもしものことがあってもあまり困らない場合は、生命保険は受取額を小額にするか、場合によっては思い切って解約しても良いと思います。

スポンサーリンク

最後に

保険の見直しを積極的に進めて、保険の仕組みに関心を持ってもらおうと相談窓口を設けている会社は少なくありません。

今の経済状況や年齢、家族構成などを考慮して保険を選ぶことが重要となりますから、自分なりのプランをイメージした上で相談を始めるとスムーズに進みます。

保険について相談したいと言えば、懇切丁寧な説明で対応してくれるでしょう。
また、インターネットの普及によって保険の相談をチャットなどで行える仕組みも取り入れられています。

自宅に居ながら、自分の自由な時間に相談することができるのです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました