新型コロナウィルスと症状と年齢と

健康

こんにちは、
ともやんです。

新型コロナウィルスの症状や年齢について考えてみたいと思います。

時々、年齢が若いから掛からないと勘違いしている人がいるようですが、ウィルスは人を選んで感染するわけではないので、老若男女、世界上の誰でも感染する可能性があります。

だから自分は感染しているかもしれないと思って行動することが大切だと思います。

スポンサーリンク

新型コロナウィルス 感染後の症状

感染後の潜伏期間が約2週間まであるということで、症状が出る場合は、それまでに出るようなことが多いようです。

ニュースでよく取り上げられるコロナウイルスの症状は発熱が4日以上続くことです。
これがインフルエンザとの区別になりますが、この症状を明確に区別できる人はあまりいません。
もちろん、発熱と同時に倦怠感やのどの痛みをともないますから、何となく体が変だとと気づきます。

現在のところコロナウイルスの治療方法は発見されておらず、感染した人は対処療法に頼るしかありませんから、持病のある人や人や高齢者は重症化しやすいのです。
コロナウイルスに関する情報は厚生労働省の特設サイトにまとめられていますが、症状については漠然としています。

発熱やのどの痛みだけでは新型コロナウィルスの感染と断定することはできません。
PCR検査を受けて陽性か陰性かを診断しなければわからないのです。
そのため、検査機関は人手不足となっていると報道されています。

1日当たりの検査人数を大幅に増やす予定でしたが、現実にはまだまだ不足している状況です。

新型コロナウイルスの症状をまとめると、発熱と臭覚や味覚障害と言われています。

潜伏期間は2週間と言われており、感染者と濃厚接触した可能性のある人は一律に2週間の外出自粛が求められています。
無症状や軽症の人もホテルなどから出ることができません。

現在のところ、感染を拡大させないためには、人との接触を断つことが一番有効な手段なのですが、経済的な打撃は計り知れず、世界全体が大きな減退となっています。

コロナウイルスの感染が終息すれば、次第に元の生活に戻ることができます。
その時まではじっと我慢するしかないでしょう。

だからコロナウイルスに感染した時にどのような症状となるのかを知っておくことは重要です。自分がもしかしたら感染しているのではないかと感じたら、まずは自宅から出ないことでしょう。
少しでも疑わしい場合は、会社を休む勇気を持ってください。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの症状と既往病

既往症がある人はちょっとした感染症でも重症化しやすいと言われています。

今回、世界中に広がっているコロナウイルス感染は治療薬がないと言う点で大きな脅威となっています。
まずはコロナウイルスの症状を知っておけば、どのような対策をすべきかがわかります。
感染を防ぐための具体的な方法などが厚生労働省のサイトなどにまとめて掲載されていますから、それをよく読んで冷静な対応をしなければなりません。

ホームページなどにまとめられていることが多いのですが、コロナウイルスだけではなく、このような大きな問題が起きるとフェイクニュースも増加します。
どのような症状になるのかわからずに、誤った情報であわててしまう人も出てきます。
基本的にはインフルエンザと同じような症状と考えればいいでしょう。
発熱やのどの痛み、咳などです。

これが4日以上続くとコロナウイルスの疑いが濃厚と考えられます。
もちろん、PCR検査をしなければ白黒をはっきりさせることはできませんが、何らかの自覚症状を感じたら、人との接触を避けなければなりません。

ただ、既往症を持っている人の場合、コロナウイルスでなくてものどの痛みや咳の症状が出るケースがあります。
コロナウイルスかどうかを判断できないのです。
病院に行きたくてもいけない状況が続くと、既往症が原因で危篤状態になる人も出てきます。

どのような対策をすればいいのかが明確ではないため、病院や保健所での対応の限界になろうとしていると言われています。
すでに医療崩壊が起きている病院もあると報道されています。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの症状と年齢

世界に広がっている新型コロナウイルスの症状には個人差があり、インフルエンザと似ていることから、初期症状を見逃してしまうことが少なくありません。

無症状の人が知らないうちに高齢者に感染させてしまうケースが少なくないため、全国で感染ルートが不明な感染者が続出する事態となっています。

新型コロナウイルスの症状をまとめたサイトで内容を確認することで、自分と周りの人を感染から守ることができるでしょう。

これまでの感染者の情報をまとめると、発熱や咳、のどの痛みが主な症状です。
それが4日以上続くと新型コロナウイルスの疑いが出てきます。
もちろん、それだけでは感染が確実なわけではなく、PCR検査を受けて陽性の診断が出るまでは何もわからないのです。

感染が広がりだしてから、症状の一つとして嗅覚障害や味覚障害が出るケースも報告されています。

この症状にも個人差がありますから、すべての人がそうなるわけではありません。
現在は緊急事態宣言を受けて外出の自粛が叫ばれている状況であり、人との接触がなければ感染を防ぐことができるでしょう。

当初は新型コロナウイルスの感染について年齢による違いがあると考えられていました。
若い人には症状が出ないのではないかという考えです。
しかし、感染が拡大していくにしたがって、それは誤っていることがわかりました。

高齢者は体力的に弱く、感染への抵抗力がないため、顕著な症状が出てしまうのです。
若くても重症になる人が出てきており、乳幼児への感染も確認されています。
つまり、年齢だけでは感染するかどうかを判断できません。

ただ、呼吸器系の持病がある人は感染することによって重症化しやすいことは間違いありませんから、細心の注意を払って行動することが求められます。

まとめ

東京都は、昨日4月25日から『いのちを守るSTAYHOME週間』をして5月6日までの徹底した外出自粛を呼び掛けています。

不要不急でないのに、つい外出してしまう人は、どこかで他人ごとだと思っています。想像力のない人たちです。

生活必需品の買い物も一人で行くことが大事です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました