オットー・クレンペラー ベートーヴェン交響曲第9番 巨匠の風格

CD・DVD・楽器

こんにちは。

ともやんです。

僕は、もう40年以上前の高校生の時に、オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団の演奏で、LP2枚組のシューマンの交響曲全集を買いました。

それがクレンペラーとの初めての出会いでした。
何度も繰り返し聴いたLPでした。

お陰で、シューマンの交響曲は大好きになりました。

一方、このクレンペラーという大指揮者に対しては、何か、よくわからない音楽以上の何かを感じさせるものがありました。




カラヤン全盛時に選んだクレンペラーのLP

僕が良かったなと思うのは、クラシック音楽を聴き始めた頃から、一人の指揮者に偏らないで、いろんな指揮者の演奏を聴いたことです。

1970年代当時のアイドルは、何と言ってもカラヤンでした。

レコード店に行けば、毎月のようにカラヤンの新譜が出ていました。

もし、カラヤンのLPばかりで、ベートーヴェン、モーツァルト、シューマン、ブラームスを聴いていたら、クラシック音楽に対して違う考え、違う楽しみ方をしていたと思います。

最初に買ったLPは、カラヤンでしたが、その次は、フルトヴェングラー、そしてワルター、クレンペラー、バーンスタイン、コンビチュニー、ハンス・シュミット=イッセルシュテットと。

中学生の小遣いで買うのですから、本当に2ヵ月に1回買えるかどうかでしたが、カラヤン全盛時に選んだクレンペラーのLPが、以降のクラシック音楽の聴き方の指標となりました。



植村攻著『巨匠たちの音、巨匠たちの姿』

さて、最近面白い本を手に入れました。

植村攻著『巨匠たちの音、巨匠たちの姿』

https://amzn.to/2G7x0DT <<<副題が、1950年代・欧米コンサート風景

と題された本です。

作者の植村氏は、音楽関係の仕事をしていた人ではなく、銀行員でした。

1950年に東京大学を卒業後、旧富士銀行に入行、その後、1955年から59年の4年間、ロンドン支店に勤務され、同行の専務取締役にまでなられた方です。

ロンドン支店勤務時代には、ロンドンで開催されたコンサートはもちろん、ザルツブルク音楽祭やバイロイト音楽祭にも通って、4年間の駐在生活で、オペラやコンサートを聴きまくった経験をまとめられた本です。

行間から植村氏の音楽に対する愛が溢れ出てくるような本です。

その中で、特に印象深かったという指揮者として、クレンペラーとクナッパツブッシュについて十数ページのスペースを割かれて書かれているのが印象的でした。

クレンペラーに対しては、その不屈の生涯に対して大いなる敬意を払われています。

また、毎週のようにロンドンでのコンサートに通われたことは羨ましの限りです。

植村氏は、1957年11月12日にクレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団の第九のコンサートを聴いています。

その時の演奏は、最高に素晴らしい演奏だったようで、植村氏の文章から興奮が伝わってきます。

このコンサートは、クレンペラーとフィルハーモニア管弦楽団が2ヶ月間に渡って行ってきたベートーヴェン・ツィクルスの打ち上げ的なコンサートで、しかも創設されたフィルハーモニア合唱団のデビューコンサートでもありました。

植村氏の文章から一部引用してみます。

“聴衆は、「圧倒的」ともいうべき音の深淵に投げ込まれたまま、身も心も彼岸のかなたに連れ去られたような感じになって、最後の音が消えた後も一瞬呆然として我を忘れていた。しかしすぐに、目が覚めたようにもの凄い拍手と歓声が湧き上がり、その嵐の中を、クレンペラーは四人のソロイストたちの後について何度も指揮台に戻って来た。”

この時の録音が、CDで出ています。

Amazon.co.jp: こちらもどうぞ: ベートーヴェン:交響曲第9番

ベートーヴェン
Ludwig van Beethoven (1770-1827)
交響曲第9番 ニ短調『合唱』
Symphony No.9 in D minor, Op.125 ‘Choral’

1 Applause
2 I Allegro ma non troppo, un poco maestoso
3 II Molto vivace
4 III Adagio molto e cantabile
5 IV Presto – Allegro assai
with final chorus from Schiller’s Ode to Joy

オーセ・ノルモ・レーヴベリ(ソプラノ)
Aase Nordmo-Lovberg – soprano,
クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
Christa Ludwig – contralto,
ワルデマール・クメント(テノール)
Waldemar Kmentt – tenor,
ハンス・ホッター(バス)、
Hans Hotter – bass

フィルハーモニア管弦楽団、合唱団(合唱指揮:ヴィルヘルム・ピッツ)
Philharmonia Chorus, chorus master – Wilhelm Pitz
オットー・クレンペラー(指揮)
conducted by Otto Klemperer

1957年11月12日、15日~ロイヤル・フェスティヴァル・ホール(ステレオ)

ぜひ、聴いてください。




タイトルとURLをコピーしました