アリス=紗良・オット 実力と美貌を兼ね備えたピアニストだが

CD・DVD・楽器

昨年2018年に、初めて聴いた演奏家で、アリス=紗良・オットは、もっとも衝撃を受けたピアニストの一人です。

CDを聴いても感銘を受けましたが、NHKの放送で、NHK交響楽団との共演の、ラヴェルのピアノ協奏曲の演奏を観て、戦慄を覚えるくらい感動しました。

若くて美貌のピアニストには、それだけで惹きつけられますが、テクニックと音楽性がなければ、それ以上、興味は持てません。



その点、アリス=紗良・オットには、引き込まれるものがありました。

以下が、

僕の聴いたおすすめのCDです。

https://amzn.to/2T17I0z

『ナイトフォール』

https://amzn.to/2SP4Hkx

『ワンダーランド』

https://amzn.to/2Tc2JtG

『チャイコフスキー&リストピアノ協奏曲』

https://amzn.to/2T9QRZg

『スキャンダル』

ところが、数ヵ月前に衝撃的なニュースが飛び込んできました。

彼女が、多発性硬化症という難病だと自身で発表したのです。

この病は、あの不世出の名チェリストジャクリーヌ・デュプレから、音楽と命を奪った難病です。

なんということか。

一番辛いのは本人です。

その心境を察するに、言葉になりません。

現代の進んで医療では、進行を遅らせて、普段の生活はできるようですが、ピアノ演奏はどうなんでしょうか?

僕は、既に9月29日(日)に行われる日本フィルとの共演チケットを持っています。
アリス=紗良・オットが、ちゃんとステージに現れることを祈っています。




タイトルとURLをコピーしました