ゴジラ2019 生誕65周年 3月10日に第1回ゴジラ検定の開催

日用雑貨

映画「ゴジラ」が1954年(昭和29年)に発表されてから
来年2019年で65周年になります。

僕は、ゴジラが初めて出現してから3年後の1957年生まれなので、
ゴジラととも歩んで来たと言っても過言ではありません。

初めて初代ゴジラを観た時の衝撃は忘れられません。

確か小学生の時にTVで観たと思います。

今から考えると小さな白黒テレビに映し出される
ゴジラの恐ろしい姿に戦慄した記憶がはっきり残っています・

その後ハリウッドでもリメイクされるほど、
ゴジラは世界的な人気者になりました。

今日は、ゴジラ誕生65年を記念して行われるゴジラ検定についてお伝えしたいと思います。




ゴジラ検定 世界に誇る日本の大怪獣

世界に誇る日本の大怪獣「ゴジラ」。

現在まで国内で計29作品が製作されました。

第29作品にあたる『シン・ゴジラ』で、シリーズ累計観客動員数はうちに1億年を突破しました。

これは、邦画実写シリーズ作品での歴代最高記録の達成です。

今年2018年にはアニメーション映画『GODZILLA怪獣惑星』も大ヒットを記録するなど年々進化し続けています。



ゴジラ検定 誕生65周年を記念して開催

2019年は、ゴジラが誕生して65周年を迎えます。

これを記念して「第1回 ゴジラ検定」が行われます。

この検定では、初代ゴジラや空前の大ヒットとなった『シン・ゴジラ』はもちろん、歴代のゴジラ作品から名シーン、個性的なキャラクター達のプロフィールさらには東宝メカニックに関することまでゴジラファンなら知っておきたい様々な問題を出題されます。

検定の合格者には「ゴジラ検定」書きおろしビジュアルを使用した合格認定証が用意されています。

また、試験当日の検定会場には、限定グッズの販売等も行われます。
さらに、「ゴジラ検定」合格者限定で、検定オリジナルグッズを完全受注生産で販売予定になっています。

ゴジラ検定 受験要項と公式テキスト

第1回 ゴジラ検定の概要

試験日 2019年3月10日(日)
会場  東京/大阪 ※受験会場は受験票に記載される
受験料(税込) 初級/5,000円 中級/6,000円 併願割引/9,500円
実施時間 初級/12:50~13:00(説明) 13:00~14:00試験 (開場12:20)
中級/14:50~15:00(説明) 15:00~16:00試験 (開場14:20)

https://www.kentei-uketsuke.com/godzilla/
↑ ↑ ↑
ゴジラ検定 公式ホームページ
詳細はこちらで!

公式テキストは、Amazon、楽天でも取り扱っています^^

「ゴジラ検定」公式テキスト 初級から中・上級までー全ゴジラ知識を網羅せよ! [ 東宝株式会社 ]

さいごに

ゴジラの第1作は、1954年(昭和29年)です。
忌まわしい太平洋戦争の敗戦からまだ10年も経っていませんでした。

しかも関東大震災(1923年9月1日)の記憶もまだ残っている時代です。

そんな時代によく作ったと思いますし、だから作ったとも言えます。

なんと言ってもゴジラの出現は、水爆実験が関係しているのですから。

唯一の被爆国として、水爆実験の恐ろしさを映画のなかで自分たちの国土を破壊させてまで表現した製作者たちの魂には、尊敬せずにはいられません。

そして最後芹沢博士が、我が身を犠牲にしてまでゴジラを倒す姿は、
日本政府には、平和を世界に訴えていく義務があると主張する姿に感動します。