転職マナー 面接時に前職の退職理由を聞かれたら?

日記

こんにちは、
ともやんです。

転職の時によく聞かれるのは、前職の退職理由です。

転職活動や就職活動は、よく恋愛で例えられますが、仕事を探すのにはタイミングが重要です。

いざ面接にたどり着いても、なかなかうまく話せず、せっかくの機会を失ってしまうとさすがにめげてしまします。

面接に負けないためにも、今回は、“【転職マナー】面接時に前職の退職理由を聞かれたらどう答えればいいの?”についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

転職マナー「転職理由・退職理由」を聞かれる理由って?

面接では、志望動機や過去の経験などさまざまなことが聞かれます。
「転職のきっかけは何ですか?」や「前職を退職された理由は?」と聞かれることもよくあります。

なんでそんなこと聞くの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
でもそれにも理由があります。

採用担当は、もし貴方を採用しても“同じ理由で退職する可能性”や“あなたの人柄”を確認するためです。

せっかく入社が決まっても、前職の退職理由と同じ理由で退職されてしまうと、企業にとって時間や費用の損失になります。
また、転職のきっかけを聞くことであなたが転職において重視していることがわかるからです。

お互いにそれを知らずに採用して、ミスマッチが起これば、お互いにとって良くありません。
そのため、採用担当は、面接時に「転職理由・退職理由」を確認し、早期退職の可能性があるかどうかを検討し、入社後に自社で活躍できるかどうか、社風にあっているかを判断しています。

スポンサーリンク

転職マナー 面接時に前職の退職理由を聞かれたら?

退職理由を聞かれた際には大切な3つのポイントがあります。

1、転職理由の内容は前向きに変換すること。
2、退職理由を志望動機や入社意欲へつなげる
3、自信をもって丁寧に話すこと。

転職理由は「成長できない」「残業が多い」などのネガティブなものが多いです。
それをそのまま伝えてしまうと、「不平不満を言うタイプなのでは?」と思われてしまいます。

そうならないためにも、前向きに変換し、その理由を入社意欲へつなげると良いと思います。
そして、その内容を自信をもってハキハキと丁寧に話すことで「やる気のある人だな」という好印象を与えることができます。

もちろん、本当に思っていないことを話すのはNGですが、伝え方や見方を変えるのは面接のコツです。

スポンサーリンク

まとめ

転職や就職活動はタイミングが命です。
良いタイミングで企業と出会えるよう、常にアンテナを張っておくことも大切。

間口を広げて、企業について調べてみましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました