婚約指輪の選び方 ダイヤモンドの4Cグレードについて

ジュエリー

僕は、36年に渡ってジュエリーの専門会社で働いています。

 

入社した時から20年間は、

ダイヤモンド裸石(研磨済みダイヤモンド)の輸入卸の部門にいました。

その期間約15年に渡って海外買い付けも担当していました。

婚約指輪のダイヤモンドを選び際のポイントについて

書きたいと思います。




婚約指輪の選び方 ダイヤモンドバイヤーから見て感じること

僕が買い付けに行っていた場所は、

ベルギーのアントワープ、イスラエルのテルアビブ、

そしてロシアのモスクワでした。

その他、ニューヨーク、インドのムンバイ、香港、タイのバンコックにも

行っていました。

僕が主に買い付けしていた内容は、

0.20ct~1.00ctで、主にブライダル用、一般ジュエリー用で、

グレードはカラーが、H以上、クラリティはSI以上が多かったです。

製品になって販売される価格は、10万円から100万円くらいでした。

 

さて、買い付けに行っていて僕にはひとつ憂鬱なことがありました。

それは自分が綺麗だ、美しいというダイヤモンドが買えないということだったのです。

 

つまり、日本国内でのダイヤモンド取引は、4C重視ということです。

 

なぜなら、ダイヤモンドを輸入してジュエリーメーカーや大手小売店に卸すとき、

各サイズ、グレードに対して、いくらという相場があり、

その相場により卸価格がある程度決まってしまうためです。

 

だから、バイヤーとしてどんなに輝きが良いダイヤモンドと言えども、

4Cに対しての価格が高ければ、国内で卸せなくなるためです。

往々にして輝きの良いダイヤモンドは、高いです。

婚約指輪の選び方 ダイヤモンドの4Cにこだわり過ぎない

4C(カラー、クラリティ、カット、カラット)は、

ダイヤモンドのグレードを説明するためのもので、価格を決めるものではありません。

しかし、国内の卸、小売りの現場、そして消費者までも、

グレード=価格と考えていて、同じグレードなら少しでも安く買おうとします。

その行為は間違いではないのですが、大事なことが抜けています。

それは輝きのチェックです。




婚約指輪の選び方 ダイヤモンドの命は輝き

忘れてはいけないのは、ダイヤモンドの命は輝きなのです。

そして輝きにもっとも影響を与えるのは、

そのダイヤモンド自体が持っている質(たち)とカットです。

業界では、輝きの良いダイヤモンドを質(たち)がいいね、と言います。

これは原石の生成時からのもので、だから質の良いダイヤモンドを

エクセレントカットにするのが最強なのです。

※ただし、エクセレントカットが最も輝くかどうかには疑問が残る、

まとめ

ダイヤモンドを選ぶ時は、必ず自分の目の輝きをチェックしましょう。

ただ、お店通し同士での比較は困難なので、せめて候補を何個かに絞って、

肉眼で輝きをチェックしてください。

これは感覚的なことですが、自分の目で輝くダイヤモンドを選んでください。

例え、選んだダイヤモンドが、

選ばなかったダイヤモンドよりグレードが下でも、

輝きが良いことが一番です。