目覚まし時計のおすすめ 耳障りな電子音で起きずにはいられない

生活家電

現在60歳の僕は、目覚まし時計に起きることはありません。

もう20年も目覚まし時計で起きることはなくなりました。

理由は、猫が起こしてくれるので、

目覚まし時計が要らなくなったのです。

でも、誰にも起こしている猫がいるわけではないので、

今日は、シンプルに音で起きる目覚まし時計をご案内します。




目覚まし時計のおすすめ 朝を爽快に迎えるために

目覚まし時計には、

光で目を覚ますものと

オーソドックスに音で起こすものの2種類があります。

今回はあえて初心に戻って、一般的な目覚まし時計をご案内します。

アラーム音の大きさで比較することにしてみます。

シチズン スーパークリアトーンF8RZ149

シチズンの「スーパークリアトーンF」は、音の大きさもさることながら、
その音の質です。

いわゆるベル音ではなく、聞き慣れない電子音なので、
ただただ大きいだけでは、聞き慣れてしまい、結局起きられないという問題があります。

この問題を解決するために聞き慣れない電子音とした訳です。

最大デシベルは、108.3dB

聞き慣れない電子音のアラーム3種類があり。ボリューム調整可能です。

シチズン バトルパワーR636 8RA636

一般のベル音では、電車の高架下よりうるさいモデルが必要です。

最大デシベルは、108.7dB

で、頭の上で電車が走っているよりも大きい音なのです。

音は、ベル音一種るだけとシンプルなモデルです。

センコークロック ピクシススーパーライデンNR523K

最大デシベルは、106.5dB

アラーム音は、MIN、MID、SUPERの3段階から選ぶ設定になっています。

 

センコークロック ピクシススーパーライデンNR436W

最大デシベルは、103.9dB

ベル音と電子音の2つから選びます。

 

まとめ

ご紹介した4機種は、

頭の上で電車が走っているよりも

大きい音で起こしてくれます。

 

これで寝起きの悪さから

解放される日も近いはずです!