ドライブレコーダーでロードレイジ=怒れる運転者に対抗

家電

ロードレイジが増えたのか

公道を走っているクルマや二輪車は、その人それぞれの目的や理由で走っています。
だから道路交通法が存在して、それを基にしたルールの上で、みんなクルマや二輪車を走らせています。

また、ルールだけでなく、ドライバーやライダーはマナーも守って運転しています。

しかし、残念ながらマナーも守らないで、道路交通法にも従わないドライバーも確かに存在します。

特に幅寄せとか、執拗な追跡とか恐怖を煽って来るドライバーは、ロードレイジ=怒れる運転者と呼ばれています。

このロードレイジの存在は、時には人の命にもかかわるようなことまでしてきます。

そんなドライバーは許すわけにはいきません。
かと言って現場では、なかなか乱暴な彼らに対応は出来ないかもしれません。

そこで自分を守るにはドライブレコーダーが有効です。

楽天市場からドライブレコーター

危険はクルマには近づかないのが一番

僕は、30代まで400ccのオートバイに乗っていて、
20代の頃は、オートバイでの輸送の仕事もしていました。

一番を気を付けていたことは、危険なクルマに近づないということでした。

では、どんなクルマが、いやどんなドライバーが危険だったかというと、

・キズや凹みなどそのままのクルマ
・汚れたままのクルマ
この2つは、安全への意識が低い

・ナンバーの番号に拘りがある。
自己顕示欲が強く、面倒な人が多い

・車内にぬいぐるみがいっぱい
一見、大人しそうですが、実は自己中心的

もしもの時にドライブレコーダー

どんなに自分では近づかないようにしても、
向こうから近づいてきたり、突然の遭遇というのもあるでしょう。

そんな時のためにドライブレコーダーがあると心強いですね。

そこで、楽天市場から特にレビュー件数の多かった機種をご案内します。


人気ブログランキング

コメント