クリスマスツリーの飾りの意味 赤、緑、白のカラーとオーナメント

クリスマス

日本ではハロウィンのシーズンが終わると、

すぐにクリスマスの飾り付けが始まります。

 

ショッピングセンターや百貨店などでも、

11月中旬には、クリスマスツリーが登場します。

 

寒くなってくる時期ですが、

クリスマスの飾り付けを見ていると、

なんだかワクワクしてきますよね。




クリスマスツリーの飾り 赤、緑、白の意味

11月も中旬を過ぎると、

街中にクリスマスムードが、どんどん高まってきます。

また、自宅でも、クリスマスツリーの

飾り付けをする方も最近は増えてきました。

クリスマスカラーと言えば、赤、緑、白です。

赤は、キリストが流した血、緑は常緑樹、白は雪をイメージしているそうです。

クリスマスツリーの種類 デスクの上から街路樹まで

そして、クリスマスに欠かせないものと言えば、やはり、ツリーです。

ほかにも、トナカイ、

クリスマスプレゼント、

サンタ、キリスト、

僕などヘンデルのメサイアですが、

クリスマスから思い出されるものはたくさんあります、

その中でクリスマスツリーが一番、イメージを盛り上げてくれますね。



最近のツリーは種類も豊富で、

デスクの上に飾っておける小さいものから、

本格的な大きいサイズまで、

いろいろなものが販売されています。

また、街路樹をクリスマスツリーのように

飾り付けているところもあり、

街中でもツリーを見ることができます。

クリスマスツリーの飾り付けはオーナメントで

クリスマスツリーは、オーナメントで飾り付けします。

そのオーナメントには、いろいろなものがあります。



人気があるところでは、星とか、リンゴとか、

ベルなどがありますが、

 

それぞれのオーナメントには、

ちゃんと意味があり、

ツリーにその想いを込めて飾りをつけているのです。

 

オーナメントと意味は、飾りとか装飾の意味です。

クリスマスツリーの飾りは、クリスマスオーナメントと呼ばれています。

最後に

クリスマスが近づくと、

どんな大人でもなんか気持ちがわくわくしてきますね。

 

10月末のハロウィンが終わると

もうクリスマスに向かって、ショッピングセンターや百貨店などは

飾り付けも変更して行きます。

 

私も子供たちと一緒に飾りつけした頃が懐かしいですね。