お正月にはおせち料理を その意味と種類と食材、準備のやり方

おせち

日本では正月になると
いろいろなイベントがあります。

初詣、初売り、お年玉など、
みんなにとって嬉しい行事が多いですね。

また、正月ならではの食べ物として、
おせち料理があります。

地方によって使われる食材は異なりますが、
数の子や黒豆、海老などは多くのおせち料理に見られます。





お正月にはおせち料理を 重箱の意味

おせち料理といえば、

重箱に詰められているものを

イメージするのではないでしょうか。

 

黒や赤の重箱は、いかにも高級そうな印象があります。

 

おせち料理が重箱に詰められているのは、

「めでたさを重ねる」という縁起をかついでいるのです。



お正月にはおせち料理を 和食や洋風、中華もあり

少し前まではおせち料理といえば

和食がほとんどでしたが、

最近では洋風のものや中華などもあり、

どんどん多様化しています。

 

和食をあまり好まないお子さんもいますから、

いろいろな種類があるのは嬉しいですね。



お正月にはおせち料理を インターネットで高級料亭の味わい

家で作るのももちろんいいのですが、

せっかくの正月はお母さん方も当然休みたいと思います。

そのためにおせち料理は、日持ちがする食材を使います。

 

ただ、近年は、外で働く女性も多くなったので、

なかなか自宅で準備ることが難しくなりました。

 

そういうこともあり、おせち料理を買う家庭も増えてきているようです。



インターネットを使って高級料亭のおせちを

味わうことができサービスも、

近年は人気がでてきています。

 

値段は1万円以上するものが多く、

高いものでは3万円以上するものもあります。

中には安いものもありますが、

あまり安さだけにこだわると

トラブルに遭うこともあります。

 

実際、ネットで注文をしたら、

届いてみたら中身がスカスカだったという

トラブルが起きたというニュースにもとりあげられていました。

まとめ

ネットで注文する場合は、値段にとらわれず、

購入する場合は、実績があるところを選ぶのが無難です。

 

特にインターネットで購入する場合は、実績のあるお店は

購入した人たちのレビューが見られるのでとても便利ですね。

 

また購入する際は、予約が必要なので注意しましょう。

 

早い時期に予約をすると割引されるお店もあるので、

その辺りもチェックしておきましょう。