水洗いクリーナーヘッドのスイトル 掃除機の先に取り付けるだけ

日用雑貨

スイトル 水洗いクリーナーヘッド

12月も中旬になりました。
今年もあと3週間ほど。

いろいろ慌ただしい日々になりましたね。

年末になると大掃除をされる家庭も多いと思いますが、
家中で、水洗いをした部分もありますね。

そんな時は、絞った雑巾とかを使われるのでしょうか?

掃除機で水洗いできると優れものが出ました。
“スイトル”です。

こんなアイデアがあったんですね。素晴らしい!
↓ ↓ ↓
スイトル 掃除機で水洗い

毎日使う掃除機をもっと強く

・スイトルの動力は電気ではなく、掃除機の吸い込む力です。

・吸い込んだ力がそのままストレートにハンドルに伝わって掃除機へ入ります。

・業務用のような強さを感じさせます。

汚れを落とす瞬間を演出する

・狙った汚れを掃除機で水洗いする快感を生み出すシースルー型のノズル。

・汚れと空気が高速回転によって分離される実験装置のような透明度を持つ汚水タンク。

・今までに体験したことがないお掃除方法をより楽しい時間に演出する仕掛けをたくさん盛り込みました。

お掃除にストレスはいらない

・ハンドル部分は何度も3Dプリンターで出力し、人間工学の観点でどんな世代の方でも扱いやすいようデザインしました。

・普通の掃除機では吸い取ることができない液体や湿った固形物に対応する必要があるため、ノズルの先は汚れを広げづらいアヒル口の形状を採用。

・また、ノズルと底面には5度の傾斜がついているので本体を持ち上げる必要がありません。

・傾けるだけなのでより汚れを狙いやすく、水の無駄遣いも少なくなるように設計しました。

湿ってしまった時は

・レバーひとつで水の噴射をストップできる。

・吸引機としても活躍。

使用方法

・取り付けるタンクに500mlの水を入れ、従来型床移動(キャニスター型)掃除機のホースの先にスイトル付属のホースをつなげ、取り付けます。

・掃除機のスイッチをON掃除機ONにすると自動的に水洗い運転を開始します。

・片付ける終わったらカバーを開けて汚水を捨てるだけ。動力が本体にないため丸ごと水洗いができます。

こちらから選べます。
↓ ↓ ↓
スイトル 掃除機で水洗い


人気ブログランキング

コメント