コロナ対策 エアーマスク

日用雑貨

こんにちは、
ともやんです。

知る人ぞ知るコロナ対策グッズがあります。
エアマスクってご存じですか。

普段から、ほとんどマスク利用しない方は、エアーマスクと聞いても、ピンと来ないと思います。僕もその一人です。なんのことかさっぱりわかりません。

今回は、コロナ対策のツールとしてエアーマスクについてです。

スポンサーリンク

コロナ対策 エアーマスクとは

インフルエンザやひどい風邪に罹った時など、マスクのお世話になることが多いかたは、エラーマスクについて知っていると思います。

花粉症のかたも、マスク売場によく行くのであれば、ご存じだと思います。
エアーマスクとは、その名称からも想像がつくかと思いますが、通常、目にするようなマスクとはまったく異なり、ウイルスや細菌類を寄せ付けない成分を放射するタイプのものを言います。

ウイルスや細菌類を寄せ付けない成分が含まれたものを、ネックレスのように首から下げたり、胸のあたりのポケットに入れておくことによって、鼻や口に入って来ようとするウイルスをシャットアウトしてしまうという方式です。

そのようなタイプの商品を、総じてエアーマスクと呼びます。

 

ただ、エアーマスクは、できるだけ鼻や口のそばにないと効果が期待できませんので、どうしてもネックレスタイプや、胸のあたりにポケットがある洋服を着る必要があります。

ネックレスタイプは、よくネックレスをする方であれば大丈夫でしょうが、首のあたりになにかを下げるというのが、煩わしいという方も、案外多いですから、そのようなかたは胸にポケットがある洋服を着るのがおすすめです。

また、小さなお子様で、どうしてもマスクが出来ないようなお子様、マスクを嫌がってすぐに外してしまうお子様などにも良いと思います。

スポンサーリンク

大人のかたでも、マスクが息苦しくて嫌だとおっしゃるかたは多いので、そのようなかたにもおすすめしたいところです。

しかし、世間では、残念ながら、通常のマスクをしていないというだけで目くじらを立てる人もいます。そのような人から要らぬ怒りに触れたくない方は、普通のマスクをしたうえで、エアマスクも首から下げておくという、二重の対策をしていても良いかと思います。

エアーマスクの類は、普段はドラッグストアのマスク売場のあたりに置いてありますが、今回のコロナ騒動によって、通常のマスクと同じように品切れ状態が続いています。

マスクを買いに行って、初めてエアーマスクの存在を知り、そしてその場でいくつも購入したかたも多かったようです。

マスクの購入に出遅れてしまったかたは、すでに売り切れていたでしょうから、今初めてエアマスクの存在を知ったかたも、少なくないでしょう。

現在は、入荷している店舗もあるかもしれません。

オンラインショップでは、高値になっていますが、販売されていますので、購入して使ってみると良いですよ。

エアマスクのように、まだあなたがご存じないコロナ対策のグッズが、すでに色々と出回っているかもしれませんので、このブログでも引き続き紹介して行きます。

スポンサーリンク

まとめ

コロナウイルスの感染者の確認数も徐々に減ってきました。
東京でも11日(木)には、東京アラートが解除され、12日午前零時からステップ3に進みました。

小池都知事は、自粛から自衛と都民に伝えています。

東京都でステップ3に移行したことで、多くの店舗で営業を再開しましたが、まだ油断せずに気をつけたいものです。
他の国では、一旦コロナの流行が収まったように思えても、第二波が起きているケースがあります。
コロナウイルスを持っていても、まったく無症状のかたがいるのが、その原因となっているのかもしれません。

今回、パンデミックを起こしているコロナウイルスは、新型であり、まだ未知のウイルスだということを忘れないようにしてください。
既に発生したときから、かなりの進化を遂げてもいますし、未知であるため、治療法も模索状態で、各自の自然治癒力に頼っている状態です。
軽症ですむかたもいらっしゃる反面、50代や40代の健康なかたでも、亡くなっているかたはいらっしゃいます。

確実なワクチンが出来るまでは、万が一のこと考え、くれぐれも注意することが必要です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました