電動自転車のメリットとデメリット

日用雑貨

こんにちわ、
ともやんです。

自転車を購入するにあたって、電動アシスト機能付きとそうでないもの、どちらを選ぶか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

確かに電動自転車は走行が楽ですが、しかし電動アシスト機能付きでない普通の自転車(ママチャリ)と比べるとおしなべて値段が高いのも事実です。

そこで、ここでは電動自転車と普通の自転車をメリット・デメリットで比較してみました。
どちらにしようか迷っている方は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

電動自転車 口コミ

まず、同じ距離を走るなら、普通の自転車よりアシスト機能の付いた電動自転車のほうが漕ぐ力と疲れは少ないでしょう。

一方普通の自転車は車体重量が軽いため、電動自転車より時速24km以上のスピードを出しやすいというメリットがあります。

そのため、 単純に身軽に乗りたい方や安く自転車を購入したい方には、車体が軽くて漕いだ分だけスピードが出る普通の自転車をおすすめします。

一方、毎日の買い物で使いたい方や子供を乗せて走りたい方、漕ぐ力の弱い女性の方、足腰の弱ってきた年配の方には、楽に漕げる電動自転車が良いでしょう。

また、坂道が多い地域に住んでいる方にもアシスト機能の付いた電動自転車がおすすめです。
多くの口コミにもあるように、電動自転車のパワフルなアシスト力を特に体感できるのが坂道だからです。

自分一人で走っているときには気にならない緩やかな坂道でも、子供や重い荷物をのせて走るのは思った以上に大変なものです。

その点アシスト機能の付いた電動自転車であれば、坂の傾斜やペダルの重さを感知して、きつい坂道でもグングン気持ちよく進んでいきます。

スポンサーリンク

電動自転車 メリット

また、電動自転車のメリットのひとつに「スムーズな漕ぎ出し」というものがありますが、毎日の送り迎えやお買い物など、子供と一緒にお出掛けすることが多い方にも電動自転車がおすすめです。

子供や重い荷物をのせているとペダルの漕ぎ出しで素早い加速が難しく、ふらつきやすくなります。

そんなときでも、電動自転車ならとてもスムーズに漕ぎ出すことができ安全に走行できます。

特に街の中を走るときは交差点などでストップ&ゴーが多いので、住んでいる地域に坂道がなくても、電動自転車のメリットを充分に生かすことができるでしょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました