カメラ 手ブレ補正内蔵モデルは、ソニーα6500が買い!

カメラ

ミドルクラスのミラーレス一眼のトレンドは、

高速AFとボディ内手ブレ補正。

 

一眼レフと比較されやすいAF性能を上げ、

ミラーレスならではの手ブレ補正機能を強化するという流れです。

そこでボディ内手ブレ補正搭載の3モデルをチェックしてみます。




カメラ 手ブレ補正内蔵モデル ソニーα6500

ソニーα6500+SELP1650

手ブレ補正性能やモニター、EVFの見やすさ、

操作性には改善の余地があります。

しかし、超高速の動体追従AF、USB充電対応など

総合性能重視でカメラを求めるなら現状ではベストなモデルです。

カメラ 手ブレ補正内蔵モデル オリンパスMARKⅡ

オリンパスOM-D E-M5 MARKⅡ 12-40mmレンズキット

ファインダーも見やすく反応もいいし、手ブレ補正は素晴らしいです。

しかし、とっさのAF性能は他2機種に劣るのが残念です。

カメラ 手ブレ補正内蔵モデル パナソニックLUMIX

パナソニックLUMIX DMC-G8M 標準ズームレンズキット

グリップした時の安定感、操作しやすさは、さすがパナソニックです。

4Kフォトなど独自機能も効いています。

本格的にカメラを始めるならこれを選びたいです。

USB充電の対応がないのが残念です。

まとめ

手ブレ補正で優秀だったのは、

実績のあるオリンパスのE-M5でしたが、

健闘したのはパナソニックのG8Mです。

ボディ内手ブレ補正だけでは弱いですが、

レンズ内の手ブレ補正と合わせた「Duai I.S.」は、

テストでも非常に良い結果で高き評価したいです。

 

AF性能は、動体撮影や速さなど動くものを

撮るのであればα6500が最強です。

スポーツなど動くものを撮るならα6500一択です。

 

どの機種も高レベルで問題ありません。

ただし、総合点では、ソニーのα6500です。