ハロウィンの仮装 イメージカラーのオレンジと黒はどこから?

ハロウィン

ハロウィンと言えば、何をイメージしますか?

やはり、仮装と答える方が一番多いと思いますが、
確かにハロウィンは堂々と仮装できるパーティーです。

子供たちも、今年は何の仮装をしようか、楽しみにしていると思います。
また、ハロウィンといえば、やはり、あのイメージカラーですね。
オレンジ、そして黒ですよね。




ハロウィンのイメージカラーには訳がある

オレンジと黒がの二色が、
ハロウィンのカラーとなっていて、
仮装もこの二色を使ったものが多いです。

そしてハロウィンの飾り物もだいたい、
オレンジか黒が使われています。

実はこの色には、ちゃんとした意味があることを、
みなさんはご存知でしたでしょうか?

ハロウィンのオレンジは実り、黒は長い冬

そもそも、ハロウィンは、大昔のケルト人のお祭りでした。
行事名はサウィンと言われていて、
そのお祭りでは、オレンジは実りの収穫を表していて、
黒という色は、冬の長い夜、または、「死」を表しています。

このサウィンという行事は、夏の終わり、
そして、冬の始まりに行なわれるのです。

ケルト歴で言うと、新年の元旦ということになりますが、
現在では11月1日が万聖節であり、ハロウィンはその前夜祭となるわけです。




ハロウィンの色は、収穫と死者の霊を鎮めるため

前夜祭となるハロウィンには、
死者の霊が戻ってくると言われているため、

収穫を祝う色、オレンジと、さらに、
死者の霊を鎮めるための色、
黒が使われるようになりました。

まとめ

また、ハロウィンと言えば、
オレンジや黒のテーマカラーに、
仮装に
そして「かぼちゃ」でしょう。

かぼちゃについては次の会で詳しく説明したいと思います。




おまけ、かぼちゃのスイーツ