還暦祝い 赤いちゃんちゃんこと赤い帽子はやめた方が良い理由

贈り物

60歳を迎えた人を祝う習わしに「還暦」があります。

これは「十干十二支」(じっかんじゅうにし)がもとになっています。

60年たつと生まれた年の干支にもどるということからです。

 

つまり60歳を無事に迎えられた人を喜び、

長寿である事をお祝いする行事の事を本来は指しているのです。

 

還暦のお祝いとして赤いチャンチャンコを贈るのは、

もう一度生まれ変わって出直すという意味があります。

赤色は赤子の意味だともいわれています。




還暦祝い 赤いちゃんちゃんこと赤い帽子はやめてほしい理由

赤いちゃんちゃんこと赤い帽子を着てお祝いしている姿を

見た事がある人もいると思います。

 

しかし近年日本人の平均寿命は延びている傾向にあります。

その為、現在は現役で60歳の人はとても多く、

またとても元気で健康で体力的にも衰えていない方も多い為、

「還暦=長寿」と言う図式が成り立たない傾向にあります。

 

還暦祝い 赤いちゃんちゃんこと赤い帽子はやめてほしい理由

60歳の人でまだまだ仕事を続けている方も大勢いますからね。

というよりも年金額の減少、そして支給年齢の遅れる傾向ですので

働かざるを得ないという理由が大きいのです。

 

とはいう物の、60歳と言う年齢は人生の1つの節目に当たる年です。

 

子供も結婚して孫もいる人もいるでしょう。

子供に手がかからなくなったと言う事は家族の為にあくせく働かなくても

良い年齢になったと言う事でもあります。



還暦祝い 赤いちゃんちゃんこと赤い帽子はやめてほしい理由

今後は自分の健康と、自分のこれからの楽しみの為に生きていって欲しいと

願う頃でもあります。

これからの還暦祝いは長寿を祝うと共に人生の節目を祝う、

また健康に気を使って欲しい、今後の人生を楽しんで欲しいと言う

子供や周囲の人の願いを込めてお祝いしてあげると良いかもしれません。

最後に

還暦祝いでは通常の誕生日祝いとはちょっと趣向を変えて

少し特別感を出してあげると良いでしょう。

 

プレゼントもいつもと少し違ったプレゼントを贈ったり、

普段なかなか集まらない家族をみんな集めて食事をしたりして

お祝いすると言うのも良いと思います。